当サイトは貴金属買取に関する比較サイト【東京金買取比較ネット】です。

18Kのアクセサリーは価値がある?!

貴金属の取引の中でも一番人気なのはやはり金(ゴールド)ですね。市場に出回る金は純度が異なります。24K(99.9%)、22K(91.7%)、18K(75%)、14K(58.5%)、10K(42%)というふうに含有されている金の純度が違うのです。24Kはほぼ100%に近い含有量なのでとても柔らかくアクセサリーなどには不向きといわれています。ですからあまり目にする機会が少ないかもしれません。一方よく目にするのが18Kです。加工に適しているのでアクセサリーによく利用されます。金の含有量が多いと変色もしにくく、一層輝きます。さらに金属アレルギーにも反応しにくいようです。そのため金属アレルギーを持っているでも18Kのアクセサリーを付けている人は多いかと思います。
18Kはアクセサリニーに良く使用されるため、市場にも良く出回ります。どのような種類のアクセサリーが売り買いされているのでしょう。

・イエローゴールド

イエローゴールドは18Kに銀と銅を半々の比率で混ぜで作られています。色味は金より黄色が強く輝きもよいので、多くのブランド会社が使用しています。その豪華さから男性に人気があるようです。

・ピンクゴールド

ピンクゴールドは18Kに少しの銀と、銅をまぜて作られています。今までは宝石でしか表現できなかったピンクが金でも実現できたということで、女性たちからの人気を集めています。男性が女性へのプレゼントとして購入することが多いようで、プレゼントの中でも女性に喜ばれるものの一つです。貴金属の中でも比較的安価なのでその人気は長く続いていくことが予想されています。

・グリーンゴールド

グリーンゴールドはピンクゴールドとは逆で、少しの銅にのこり銀を混ぜるという製造方法です。青金や青割と呼ばれることもあり、知名度は低いですがシックな色合いで落ち着きがありながらかわいらしさもあると、若い年齢層から人気があるようです。

・ホワイトゴールド

ホワイトゴールドは18Kにパラジウムを混ぜた物と、18Kにパラジウムと銀と銅を混ぜたもので作られます。プラチナと似ているようですが、全く別物です。プラチナの人気が増えてきたことで似ているホワイトゴールドを購入する人が増えてきたようで、合金の中では一番人気です。
合金は金より安価なために購入する人が増えています。ですが純度が低くなるため変色もしやすいといえます。長く使うためにはしっかりとしたお手入れが必要となってきます。すこし汚れたりしていても価値は下がりませんので、買取店にもっていけば高い値が付くでしょう。

tail_pic1