当サイトは貴金属買取に関する比較サイト【東京金買取比較ネット】です。

金買取手数料とは?

買取業者によって手数料を取るところと取らないところがあることをご存知でしたか? 手数料は、「見積手数料」「査定手数料」などと表示している業者もあります。サイトで比較する時は、手数料の有無について確認しておかないと買取の差額が大きく出てきます。買取業者がどんどん増えているので、よくわからない理由をこじつけて買取価格を減額しようとする業者はたくさんあります。

注意が必要なこと

サイトのトップページや広告などに買取価格を大きく表示しているのにもかかわらず、手数料の計算式は別ページで小さく説明されているだけのサイトもあるのでとても注意が必要です。手数料無しの業者の場合、その買取価格の計算はとてもシンプルで「重量×単価(グラム)=支払い金額(買取価格)」となります。一方、手数料を取る業者の場合は、「重量×単価(グラム)-手数料(20パーセント)=支払い金額(買取価格)」となります。同じ金額を表示していても手数料と目減りで約30%減額される場合もあります。そのような業者は、金を溶解して再加工する際に目減りすることを理由にしてそのように計算をします。

どの買取業者を選ぶことができるか?

金属業者を選ぶ場合、多くの方がインターネット検索を利用することでしょう。しかし、実際に検索してみると、どこも「高価買取!」「相場以上で買取!」を謳うサイトばかりで、どこを選んだら良いのかわかりません。そこで、次のような点をポイントに良い業者を選ぶようにしましょう。

価格を毎日公表しているか?

まずサイトで「買取価格が表示されているかどうか」を確認してみるようにしましょう。買取価格を表示していない業者は、価格に自信がないところです。一方、価格を公表している業者は、買取価格をしっかり売りにしているところです。しかし、価格を出している所でも、手数料を取る業者もあるのでしっかり確認するようにしましょう。

他店舗展開をしているか?

多店舗展開をしていると、買取金額の面ではデメリットしかありません。なぜなら、多店舗展開するほど回収する貴金属は分散し、経費が増大しまうからです。
また、総合リサイクルショップでの買取は控えましょう。
リサイクルショップの場合、店員さんのほとんどがアルバイトです。さらに社員ですら貴金属とは無縁の人たちばかりです。なので、買取価格を上げることはできないですし、きちんとした査定すらしてもらうことができないので利用することは避けましょう。

tail_pic1