当サイトは貴金属買取に関する比較サイト【東京金買取比較ネット】です。

持っている宝石の査定額をアップすさせる方法とは?!

持っているジュエリーを売って新しいものを買おう!と思っている方は少しでも高く売りたいと思いますよね。もちろん宝石の価格の相場というのは決まっていますが、個々の宝石が持っている性質によって値段があがることもあれば下がってしまうこともあるのです。お店に品物をもっていったときに鑑定士がルーペで石を真剣に観察していますね。一体何を見てるんだろう?自分の宝石は価値があるかな?と頭の中であれこれ考えます。

時鑑定士の鑑定ポイント

ではこの時鑑定士は何を見ているのでしょう。それは石に傷がついていないかどうか、色合いはどうか、さらに石の中に不純物がないかどうかを見ています。不純物とは気泡や斑点のことで、ある石によってはそれがあることでマイナスポイントになることもあれば、反対に価値のある石であることが証明されることもあります。高価な石であることが判明される場合は、そのことが石の鑑定書に記載されているので、宝石を鑑定してもらう時には鑑定書を忘れずに持参するようにしましょう。一方で石の価値だけでなくブランドによって値がアップすることがあります。たとえば市場で人気の高い新作は需要も大きいので査定額のアップとなります。もし売ろうかなと考えている時には早めの決断が功を奏するかもしれません。

鑑定書は絶対に必要

宝石を購入した時には箱の中に鑑定書が入っていると思います。特にダイヤモンドには4C<カラット(重さ)、カラー、クラリティ(透明度)、カット(カットの形)>という、4つの品質評価基準があります。鑑定書にはこの4Cの品質評価が説明されているために、適正価格で買い取ってもらうのに役立ちます。ダイヤモンドの鑑定はとても難しいためかなりの知識と、経験も必要です。鑑定書があれば鑑定に悩んだ時でも誤らずに適正な判断をすることができるのです。

日本では

ちなみに、日本で信用度の高い鑑定書を発行している機関はCGL(中央宝石研究所)とAGT(AGTジェムラボラトリー)といわれています。他にもいくつかの機関はありますが、この二つの機関は評価が厳しいとされているので、鑑定の信頼性は高いといえます。このように鑑定書は査定の際に有利に働きますが、もちろんこれだけで判断されるわけではありません。全体的なプロモーションや、傷の有無、輝き度など、さらに購入時の袋や箱の有無や保存状態なども査定に反映されます。

まとめ

ジュエリーや宝石を鑑定してもらう時には鑑定書を忘れずに持っていきましょう。さらに見た目や保存状態も査定に加味されるので、できるだけきれいな状態で保管していることも大切になります。

tail_pic1