当サイトは貴金属買取に関する比較サイト【東京金買取比較ネット】です。

宝石類の買取価格に違いが出るのはどうして?

買取店にダイヤモンドを持っていくと、お店によって査定金額に違いがあります。もちろんできるだけ高い値段で買い取ってほしいというのが本音ですが、そもそもどうして金額に差が出るのでしょう?

鑑定士のレベルの違い

宝石にはたくさんの種類がありますが、特にダイヤモンドの鑑定は専門的な知識や技術が必要なために難しいといわれています。金買取業者には、専門の資格を持った鑑定士が必ず所属しているはずですが、鑑定士も経験が長い人もいればまだ浅い人もいたりと様々です。経験があまりなく自信がない鑑定士は、誤った官邸でお店が損失を被ることを恐れて、低めの査定金額を見積もることがあります。反対に、長年の経験をもち鑑定に自信がある鑑定士は、目も肥えているため適正な判断ができますし、間違った鑑定をすると自分やお店の信用問題にもなるので、価値に見合った適正な高い査定金額を出してくれる可能性もあります。ダイヤモンドを売る時には鑑定士の資格や経験年数などをホームページなどで紹介している業者を選ぶと良いでしょう。

売却レートの差額

ダイヤモンドを買い取った業者は、それを売却することで利益を得ます。売却レートと買取額の差が小さいほど、お客さんの還元額も高くなるわけですが、この差額はお店によって異なります。もちろん売る側は少しでも高く買い取ってほしいですが、レートがどのくらいなのかはお客さんに教えられることはないので、判断が難しいといえます。そこで、売却レートが高いかどうかを知る一つの手がかりとなるのが、そのお店が買い取り専門店なのか、買取&販売店なのかという点です。買取専門店の特徴は、再売却先が決まっているために、買取金額が安定しやすいところです。

買取と販売を行っているお店の場合は

一方買取と販売を行っているお店は、店のダイヤの在庫状況によって、まだ販売収入によって買取金額が調整される可能性があることです。売却ルートというのは主に日本国内の宝石販売業者か市場への売却、もう一つは海外の宝石バイヤーへの売却です。最近では国内よりも海外の需要の方が伸びているため、海外バイヤーへの売却の方が高い買取額を付けやすくなっているようです。もし高く売りたいなら、買取専門で海外のバイヤーと取引をしているお店を選ぶと良いかもしれません。

まとめ

金やプラチナはもちろん高い価値がつきますが、宝石類の中だとダイヤモンドは特に需要が多く高く買い取ってもらえます。買取業者をしっかり選んで損をしないようにしたいものですね。

 

tail_pic1