地金の買取り | 東京金買取比較ネット

地金の買取り

金に関する情報を調べていたり、資産運用などでは「地金」という言葉をよく耳にすることでしょう。地金の読み方は、“じがね”、または“じきん”と呼ぶことができますこの「地金」とはいったいどのようなもののことなのでしょうか?この地金とは、原材料として使われる貴金属の塊りのことを指します。

日本で唯一金の取引がされているのは東京工業品取引所

アクセサリーとなる貴金属の原材料も地金ですが、一般的には資産運用などで活用されるインゴット(鋳塊やのべ棒)などを指して使われています。また地金は、金だけの名称でなく、プラチナや銀など貴金属全般に用いられています。ではどこで地金を製造しているのでしょうか?金地金を製造しているのは、貴金属地金の製錬・分析業者で「金の国際公式ブランド」と呼ばれる企業は世界中に数十社程度存在しています。日本では、御三家と呼ばれて知られている田中貴金属工業、徳力本店、石福金属興業をはじめとし、三菱マテリアルなど10社ほどあります。日本で唯一金の取引がされている東京工業品取引所で定めた受け渡し供用品指定ブランドであるなら、純度99.99%以上が保証されているので、安心して購入や売却をすることができます。

刻印はブランドの証

国際公式ブランドの地金には、その証として地金に記された刻印でチェックすることができます。金地金を購入する際には、刻印があるかどうかを必ず確認するようにしましょう。この刻印があるか無いかで、売却する際の買取価格に差が出てきます。また、刻印が消えてしまった場合は価値が下がってしまいますので注意しましょう。刻印の内容とは、溶解業者、分析業者の刻印(企業のロゴマーク)、素材名(GOLD、PLATINUM、SILVERなど)、品位(999.9など千分率で表記)、重量(キログラム、オンスなどブランドによって異なる)、製造番号(シリアル番号)などのことです。

地金に税金はかかるか?

日本で流通しているほとんどの金は輸入されたものですが、原材料として輸入しているので、関税は免除されています。しかし、売買に関する税金はかかりますので、しっかりと対策をしなければなりません。たとえば、購入してから5年以上所有した金でるなら、課税額が減額されます。金をアクセサリーとして楽しむだけなら税金は関係ありませんが、資産運用で金を所持することは税金がかかってきますので注意をしましょう。

オススメ記事

七福神

宅配買取・オンライン査定とサービス充実で、全国に店舗があります。高価買取も期待できるお店です。

ルーチェ

買取価格の高さが売りの買取店なので、少しでも高く売りたいときにおすすめの大阪のショップです。

TOP