貴金属を買い取る際の注意点とは? | 東京金買取比較ネット

貴金属を買い取る際の注意点とは?

持っている貴金属を売ると言っても、どうすれば良いのか分からないという方も多くいらっしゃいます。また、貴金属の買取に際してはだれもが少しでも高く売りたいと考えるはずです。高く売るためには買取店を厳選したり、付属品も一緒に持参するなどの、さまざまなポイントがあります。また、各貴金属の相場に関してもある程度知っておく必要があるでしょう。

知識を増やそう

貴金属と言っても種類があり、代表的なのは金、銀、プラチナで、それぞれ相場は異なります。また、それらの貴金属の中でも純度というものが存在し、それによって買取額は変わってくることも確認しておかなければいけません。そのため、持っている貴金属がどの種類に分類されて、大まかな買取額はいくらなのか、買取査定をする前にある程度知っておくなら失敗しないで賢く売ることができるでしょう。そのためには、貴金属に関する知識を増やすことが大切です。

査定のポイント

ブランド以外の指輪やネックレスは、ダイヤや宝石が付いていないデザインはグラム買取になります。それらは、イミテーションの安い素材を金にするだけでなので、金の素材としてのグラム買取が必然となってくるのです。ブランドジュエリーはブランド需要があるのでグラム買取よりプラス査定をすることができるかもしれません。刻印がない金は基本的には買取が出来ませんが、金の比重がある場合買取ることができる場合もあります。後KといってK18ではなく18Kと刻印されている貴金属も比重が出ないと買取ができない場合があります。アジアの製品でよく見かけるシナ金と呼ばれている金は22金前後ですが比重が出ない、もしくは刻印がない物は買取できないことがよくあります。

金売却時の必要書類

個人で業者に頼み貴金属を買い取ってもらう場合は、以下のものが必要となります。
①商品②印鑑(シャチハタ不可)③本人確認書類(免許証、パスポート、保険証)これは古物営業法により、地金を売買する際には必ず必要となるものです。また、未成年の方は貴金属という財産を処分する場合に法律上の各種制約があるため売却することが出来ないので、成人している方に同行してもらうようにしましょう。

法人名義であれば、上記書類のほかにも

④登記簿謄本⑤履歴事項全部証明書⑥現在事項全部証明書⑦印鑑登録証明書の④~⑦のいずれかを持参することが必要となってきます。ただし、詳細については買取店によって異なる場合があるので、事前に問い合わせてみることをおすすめします。

オススメ記事

七福神

宅配買取・オンライン査定とサービス充実で、全国に店舗があります。高価買取も期待できるお店です。

ルーチェ

買取価格の高さが売りの買取店なので、少しでも高く売りたいときにおすすめの大阪のショップです。

TOP