貴金属やジュエリーの査定基準とは? | 東京金買取比較ネット

貴金属やジュエリーの査定基準とは?

貴金属やジュエリーの大きな査定基準はブランド品かどうかということです。ブランド品かノンブランドかによってまったく違う基準を設けているので注意しなければいけません。ではどのような査定基準を一般的に設けているのでしょうか?

ブランドジュエリーの場合

ブランドジュエリーは中古市場によって値段が変わってきます。売りに出したとき流行の人気商品であれば高く売ることができます。しかし、人気がなければ安く買い取られてしまうことになるでしょう。また、保証書やボックスがあるかないかも価格に影響を与えます。さらに、傷やカケなどのジュエリーの傷み具合も査定基準に大きな影響がでてきます。購入した際の新品の状態に近ければ近いほど高値で売ることができるでしょう。

ブランド買取りではどうか

ブランド買取りでは、ギャランティカード、鑑定証、証明書、そして購入した時の箱や保存袋が揃っているなら評価は高くなります。しかし、もしこれらの品物が無い場合はマイナス査定になる場合もあります。ギャランティカードは保証書のことであり、購入したお店の人のサインが入っている事で効力を示すと言われています。) また、商品に傷や汚れがあるならブランド買取りにおいての査定は下がる事になります。ただし、汚れも拭き取る事で落ちるようなものであれば、ブランド買取りに出す前に綺麗に掃除をしておくなら査定を下げずに済むことができます。 ブランド買取りは、古物営業法と呼ばれる法律が定められています。そのため、未成年者の場合は保護者同伴のもとで取引が可能になります。そのため、本人確認書類(運転免許証など)を持参していく事は基本として覚えておくようにしましょう。

ノンブランドジュエリーの場合

ノンブランドジュエリーは、使われている金の重さや種類、宝石のクオリティや種類によって査定されていきます。アクセサリーとしてではなく、素材ひとつひとつの価値として鑑定士の手によって細かく査定されていくのです。その際、金、プラチナなどの貴金属は純度によって査定額が上下してきます。なので、ノーブランドのジュエリーも意外と高い値が付くことがあります。もしノーブランドのジュエリーを受け付けない業者がいるなら利用することはやめましょう。もしブランドもののジュエリーを買い取ってもらいたいと思った時でもそのような業者は利用しない方はいいでしょう。

オススメ記事

七福神

宅配買取・オンライン査定とサービス充実で、全国に店舗があります。高価買取も期待できるお店です。

ルーチェ

買取価格の高さが売りの買取店なので、少しでも高く売りたいときにおすすめの大阪のショップです。

TOP